闇金・サラ金の悩みと対策

 

admin's picture

闇金・サラ金とは、法律を無視してお金を貸す業者のこと。アコムやプロミスなど良く街中やテレビで見かける業者は消費者金融と呼ばれ、法律に従ってお金を貸しています。

消費者金融など借入できる業者は全て利用し、これ以上借りる所が無くなった人が思いつく場所は闇金です。

「ヤミ金」は闇金融の略称です。正式に貸金業としての登録をしていない貸金業者や、違法な高金利で貸し付けをする貸金業者。「サラ金」とは、「サラリーマン金融」の略称で、会社員や主婦などの個人を対象とした小口金融を指しています。1980年代までは消費者金融の通称として「サラ金」という名称が使われていました。

一度闇金に目をつけられると、本人への厳しい取り立てだけではなく家族や職場や近所の方への嫌がらせが悪化し、あらゆる手口でその結果金利が膨れ上がり始めは5万円だった金額が気付いたら高額になってしまったというケースが多くあります。

闇金から借りるくらいまで借金が膨れ上がったら、闇金を使わずに自己破産や債務整理を行いましょう。

闇金地獄になりたくないなら、闇金を熟知したプロに依頼することが大切です。一度手を出してしまった闇金と手を切るなら、プロに手伝ってもらうほかはありません。もし借り入れしてしまった場合は、法的には返済する義務はないのです。

対策の一つの方法として警察に被害届を出すという選択肢もありますが、早急に対策をとってくれるかというと疑問があります。闇金問題の対応実績が多い法律事務所に相談して、家族や職場に借金がバレてしまう前に速やかに解決する方が賢明かもしれません。

 

Rate this article: 
No votes yet